容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

下北沢居酒屋 鰹節屋が経営「行列できる立ち食いそば屋」の穴子そば440円

  1. 2011/06/02(木) 10:03:18|
  2. 下北沢居酒屋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
江戸っ子ならずとも好きな人が多いのが、そば!……というわけで、雑誌『アリガット』元編集長の小川フミオ氏がセレクトした『そばよし』(東京・日本橋)の「あなごそば」を紹介します!

 * * *
 好物に好き嫌いはないという。酒飲みが酒の味にかまわないといわれるように、そばを日常的に食べる東京人は、そばに意外に無頓着かも。

 しかし300円未満の立ち食いそばに、大いに気をつかう店もある。日本橋のカツオ節屋さんがやっている『そばよし』だ。

 上の階でカツオ節を乾燥させる機械がゴトゴトと動いているビルの1階にある。7時半の開店で、ランチ時は順番待ちの客が歩道にまで並ぶ。もちろん、安いだけでなく、うまい。器に鼻を近づけると、本ガツオ4分の3、残りはソウダガツオとサバによる出汁のいい香りが鼻腔を通り身体に満ちる。そして細打ち麺も真面目に作っている。

 この店が愛される理由はもうひとつ、野菜や魚という旬の食材を天ぷらなどで提供してくれること。価格を抑えるために、魚はじかに仕入れる。アナゴも横浜・金沢区の小柴港まで買い付けにいく。天ぷらの状態で頬ばるとほくほくして甘い。それでこの値段。

 かつて魚河岸のあった街、日本橋の歴史が一杯の立ち食いそばに詰まっている。それが『そばよし』だ。

■『そばよし』の「あなごそば」440円

【住所】東京都中央区日本橋本町1-1-7
【営業時間】7時半〜20時
【定休日】土日祝
【カード】不可

 開店は2002年。オーナーの山崎能孝さんはカツオ節屋の13代目。当然、出汁に使うカツオ節は自家製。みりんとしょうゆと砂糖で作るかえしも自家製。麺も同じビルの中で打つ。もうひとつの人気メニューは「おかかごはん(70円)」。テーブルに置かれた粉ガツオを好きなだけ振りかけ、醤油をたらして食べる。3月末に京橋に2号店オープン。

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2011年4月8日号

関内居酒屋

藤沢居酒屋

平塚居酒屋

DTIブログって?